冷静に効果見てみると弱いはずがない!竜爪の首飾りについて考える


※https://shadowverse-portal.com/card/103412020

バハムート降臨でのカードが発表された当初、そこそこ話題になったカードですね。「効果は強いと思うけど、コストのせいで置く暇ないでしょ……」と微妙な評価のまま、現時点ではあまり使われない存在になっています。

果たしてそうなのでしょうか?

ある程度バハムート降臨環境が落ち着きつつある現在、新カードに目を向けて見ると、まだまだ可能性があるようなカードはある気がします。今回目をつけてみた《竜爪の首飾り》はまさにそんな気がします。ありとあらゆるダメージが+1されるのが弱いはずがない!!

そう信じて使い道を色々考えてみます。

ところで、この《竜爪の首飾り》は首飾りといっていますが、首に付けれるような紐は見当たりません。自分であとでつけないといけないんですかね?あと、ものすごくデザインいいアクセサリーですよね。普通に欲しいです。製品化されないかな、とぼんやり願っています笑。

ステータス

5コスト アミュレット ブロンズレア ドラゴン

自分のフォロワー、スペル、アミュレットが与えるダメージを+1する。(攻撃によるダメージも能力によるダメージも+1する)

ありとあらゆるダメージ+1はシンプルに強い!

ドラゴンに採用されやすい《ユニコーンの踊り手・ユニコ》の攻撃力は3になります。こう書いてみてもそうですし、実際に使ってみると違和感しかないです。ちなみに《竜爪の首飾り》が複数枚、場にあればそれだけ火力が上乗せされます。おそろしや。

違和感を感じるということは、それだけ戦況にインパクトを与え得ると考えられます。実際、ものすごくインパクトがあると思っています。

こんなのは序の口で、どういうカードを使えば、よりシナジーがあり、強力になりうるか実際にカードを取り上げてみたいと思います。

シナジーありそうなカード

バーンダメージ系

  • 《エンジェルスナイプ》
  • 《デモンストライク》
  • 《御言葉の天使》など

《竜爪の首飾り》が場にある枚数だけバーンダメージが上乗せされます。2枚あれば、1コストの《エンジェルスナイプ》で3点ダメージです。

……書いていて《紅蓮の魔術》ってどんだけやねん、とふと思いました。

各種疾走フォロワー

  • ドラゴンは疾走が多いですね。
  • 《大嵐のドラゴン》
  • 《ワイバーンライダー・エイファ》
  • 《海剣竜》
  • 《ダークドラグーン・フォルテ》
  • 《ジェネシスドラゴン》など

《竜爪の首飾り》の分だけ、バーンダメージが増えます。《ダークドラグーン・フォルテ》→《ウルズ》をすれば、《竜爪の首飾り》が1枚なら進化なしで12点でます。2枚なら14点でます。《リノセウス》も目じゃないですね!

特に、《海剣竜》以下の5コスト以下の疾走フォロワーであれば、《竜爪の首飾り》を出しながら盤面に関与できるのでそこまで悪くないように思えます。

AOE

全体攻撃系ですね。

  • 《デスミストドラゴン》
  • 《マナリアドラコ・グレア》から出てくる進化した《プリンセスマナリア・アン》
  • 《氷結のドラゴン》
  • 《竜の翼》
  • 《サラマンダーブレス》
  • 《エンジェルバレッジ》など

特に、《マナリアドラコ・グレア》……本体というよりは、それと一緒に出てくる進化した《プリンセスマナリア・アン》は即効姓があり、攻撃時全体2点ダメージ(《竜爪の首飾り》が1枚の場合)となります。

攻撃時効果のいいところは、相手リーダーを攻撃する時に効果を発動したり、相手のフォロワーに攻撃するときにも、先に効果ダメージを飛ばしてくれるので、体力が少なく、効果ダメージで倒せるフォロワーに攻撃すれば無傷で残れます。

また、仮に《マナリアドラコ・グレア》は進化すれば2回攻撃できるようになるので、《竜爪の首飾り》の効果も2回受けることができ、かなり恩恵があります。そういう意味でも非常に相性がいいのではないかと思います。

それ以外にも《エンジェルバレッジ》は、効果発動した《マヘス》みたいなもんですよね。1コスト→1コスト→《マヘス》と《竜爪の首飾り》→《エンジェルバレッジ》は効果だけ見れば等価です。こちらの盤面にフォロワー残りませんが。

《デスミストドラゴン》も除去されなければ毎ターン2ダメージ(《竜爪の首飾り》が1枚の場合)は頭おかしい感じがしますよね。

地味なカードですが、《竜の翼》あたりは面白いかもしれません。コストが低いこともあり、《竜爪の首飾り》と一緒に出しやすく、盤面も整理しやすくなります。

《竜の翼》 2コスト スペル
お互いのフォロワー全てに1ダメージ

除去ダメージ

  • 《ドラゴンウォーリア》
  • 《ドラゴニュートプリンセス》
  • 《ドレッドドラゴン》
  • 《ブレイジングブレス》など

もはや語るまでもない、気がします。

最近の《次元の魔女・ドロシー》中心のウィッチデッキのように横に並ぶデッキだと、《ドラッドドラゴン》あたりは若干コストが重すぎて役不足感は否めません。《次元の魔女・ドロシー》をファンファーレで討ち取れるようになるのはよさそうに見えますけどね。

横展開の相手を考えるにしても《ブレイジングブレス》が強化されるのは普通につよそうです。

ドラゴンは横に並べないので盤面は余りがち

サイズが大きなフォロワーをポンっと置くことが多いので、普段は盤面に困ることはありません。最近は見なくなりましたが、フェイスドラゴンだとちょっと微妙かもしれませんが。

そういう盤面に余裕があるという意味では、永続効果のあるアミュレット《竜爪の首飾り》は邪魔にはならなさそうです。

じゃあ置くタイミングあるの?

最大の課題はこれです。

一番の理想は、PPブーストができた先攻4ターン目です。

同じコストの《竜の闘気》がそこそこ使うタイミングある、ということを考えれば、意外と置ける場面はあります。超越、冥府エルフの減少によってコントロールデッキの使用率がそこそこある、という環境の影響もあるかと思いますが。

また、上でも書きましたが、低コストの疾走フォロワーや低コストAOEスペルなんかと組み合わせれば、最悪盤面に関与できるので隙は少なくできます。このあたりは環境に合わせながら調整が必要そうです。

参考動画

《竜爪の首飾り》と《マリアナドラコ・グレア》がうまいことかみ合った試合ができたので、こちらも参考までに見ていただければと思います。先ほど書いた相性が良さそうなカードを盛り込んでデッキを作ってみました。疾走+AOE中心と言う感じです。

※字幕解説付きです(声無し)

さいごに

純粋なフォロワーの火力底上げ、AOE火力アップによる盤面制圧力アップ、などなど、《竜爪の首飾り》はとても可能性の高いカードのように思えます。

一応、上の動画のような形でそこそこ戦えていますが、もっとやりやすい方法がある気がします。そのあたりも含めて可能性があるのではないか、と考えています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする