段々と薄くなるシャドウバース公式タクティクスガイドVol.3レビュー


タクティクスガイドのVol.3を買いました!なのでレビューしたいと思います。

まず、手に持ってみるとわかりますがVol.を重ねるにつれ厚さが薄くなっていっています笑。それにあわせて価格も安くなっていっています。

表紙を見ればわかりますが、基本的に各弾のテーマキャラクターが描かれています。

Vol.1→《ダークエンジェル・オリヴィエ》

Vol.2→《バハムート》

Vol.3→《ゼウス》

どうしてもスタンダードを1として、ダークネス・エボルヴを2……と数えてしまうので数字の対応が感覚とずれます。しょうがないですね。スタンダードのガイドブックも出して欲しかったです。

それでは、本書の内容について触れたいと思います。

内容構成

構成は以下の通りです。

  • Chapter1 カードリスト TEMPEST OF THE GODS(38P)
  • Chapter2 デッキ解説(16P)
  • Chapter3 プレイヤーアンケート・開発者インタビュー(8P)

ひとつずつ見ていきましょう。

Chapter1 カードリスト TEMPEST OF THE GODS

神々の騒嵐カードのカードリストです。書いてある内容は、

  • カードイラスト
  • 能力
  • フレーバーテキスト
  • セリフ
  • カードレビュー(ちゃみ氏、攻略班)

相変わらず図鑑としての価値が高そうです。カードレビューがありますが、実装前のレビューなので現在プレイしている環境や感覚とギャップがあるように感じます。発売日が3/28と実装直前なのがなんとも微妙感あります。実装からしばらく経ったあとでいいから実際の環境に則した内容で書かれていると嬉しいな、と思ってしまいます。

Chapter2 デッキ解説

書かれていたサンプルデッキは以下の通りです。

  1. テンポエルフ
  2. ミッドレンジロイヤル
  3. ドロシーウィッチ
  4. 水竜神ランプドラゴン
  5. ミントネクロマンサー(ミント→デスタイラント)
  6. コントロールヴァンパイア
  7. エイラビショップ(クルト)

コレを見て色々思うところがある方は多いかもしれません。デッキ紹介ページにレーダーチャートがついていて、使いやすさ、スピード、対応力などなどが指標として上がっています。その中で「ロマン」という項目があります。この辺り遊び心があっていいなと思います。

……ちなみにどのデッキがロマン枠かは想像に易いかと思います笑。

Chapter3 プレイヤーアンケート・開発者インタビュー

この公式タクティクスガイドVol.3の最大の魅力はこのChapter3と言っても過言ではありません。

まず、プレイヤーアンケート結果が非常に興味深いです。アンケート内容は、

  • 年齢
  • 性別
  • ランク
  • 使っているメインのクラス
  • 好きなフォロワー
  • 好きなスペル
  • 好きなアミュレット

となっており、結果を見るととても「へぇ~、そうなんだ」となります。どのランク帯のプレイヤーが多いのかとか結構新鮮です。もちろん、アンケート対象の母数の選択のしかたにもよるので参考程度だと思います。(わざわざこのアンケートに答えるくらいなのでそれなりにやりこんでいる人が多そうな気はしています)

そして何より一番面白いのが開発者インタビューです。シャドウバースのカードプランニングをやっている方のお話が読めます。どういう想いでカード能力を設定しているのか、想定していた使われ方とそうじゃなかったもの、神々の騒嵐で目指した形などなど。開発者目線でのお話は面白いです。この数ページを読むだけでも買ってよかったな、と思っています。

さいごに

既に書いたとおりですが、図鑑として集めておきたいか、ほんの数ページの開発者インタビューを読んでみたいという方には良いかもしれません。

この記事で書いた以外のコラム的なものもちょこちょこあるのでなんともいえませんが、「がっつり攻略情報が知りたい!」と言う方にはオススメはしないです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする