TOG環境での2Pickでピックするレアリティ別枚数まとめ


TOG環境ではこれまでのピックの仕方と変わっています。一番感じるのは、レジェンド・ゴールド枠にニュートラル専用が増えたことでしょう。

そこで一度、出てくるレアリティについてメモしてみようと思います。

念のための補足ですが、2Pickではピックするレアリティ枠の数は決まっています。例えば、ゴールド・レジェンドは合計3回ピックできるなど。

2Pickで出てくるレアリティ

順番や再現性については今のところ確認していませんが、感覚的に次のような形で合っていると思います。(間違っていたらすみません)

1.クラス専用  レジェンド・ゴールド
2.クラス専用  シルバー
3.クラス専用  シルバー
4.クラス専用  ブロンズ
5.クラス専用  ブロンズ
6.ニュートラル シルバーブロンズ
7.クラス専用  ブロンズ
8.ニュートラル レジェンド・ゴールド
9.クラス専用  シルバー
10.ニュートラル シルバーブロンズ
11.クラス専用  ブロンズ
12.クラス専用  シルバー
13.ニュートラル シルバーブロンズ
14.クラス専用  ブロンズ
15.クラス専用  レジェンド・ゴールド

枚数まとめ

上の順番で各2枚ずつピックしていくので、枚数は以下のような配分になります。

クラス専用ブロンズカード:10枚

クラス専用シルバーカード:8枚

クラス専用ゴールド・レジェンドカード:4枚

ニュートラルブロンズシルバーカード:6枚

ニュートラルゴールド・レジェンドカード:2枚

合計30枚

さいごに

30枚のうち、約2/3がクラス専用のブロンズ・シルバーと思うとかなりの比重ですね。このブロンズ・シルバーで強力なカードを持っているクラスが必然的にパワーがあることになります。

あと、ニュートラルカードが合計8枚なので《均衡の大梟》は《ゴリアテ》以下となってしまいます。

とても悲しいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする