ワンダーランドドリームズのニュートラル新カードを考察!【随時更新中:6/17更新】


新弾「ワンダーランド・ドリームズ」の新カードのニュートラルについて考察してみたいと思います。

情報を追いながら随時更新していきたいと思います。

レジェンド(2枚)

  • 《不思議の探求者・アリス》
  • 《魔界の女王》

不思議の探求者・アリス

※https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

今弾の看板カードです。

これまでの看板となっていたカードたち(《ダークエンジェル・オリヴィエ》、《バハムート》、《ゼウス》)は思った以上に使われているので、このカードもなんだかんだ使われるのではないかと思います。

効果の対象がニュートラル限定とはいえ、効果自体は破格です。そのままじゃ使いにくいかなという感じでしたが、同時に《鏡の世界》が追加されたので、《鏡の世界》とセットで使われるようになると思います。

数字の暴力で殴りあう世界になるかもしれませんね……

魔界の女王

※https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

10コストニュートラルは現状実質ドラゴン用のカードになってしまっているのでこのカードもそうなりそうな気がします。

ウィッチで使えば《次元の超越》なんかを0コストにできますけどね。手札の0コストまで下げたフォロワーを並べて、《魔導の女王》→《次元の超越》で次のターンリーサル、という動きはできなくないないです。ただし、10ターン目以降なのでやっぱり遅い感はありますね。

ドラゴンであればPPブーストで早めに10コスト使えるようになるので、なんでもし放題ですね笑。《ジェネシスドラゴン》+《ウルズ》や《バハムート》+《風読みの少年・ゼル》などなど。

使い道は多いけど、ドラゴン以外はコスト的に実用的じゃなさそうなのが可能性を狭めている感は否めません。

ゴールド(3枚)

  • 《ヘクトル》
  • 《ラプンツェル》
  • 未確認

ヘクトル

手札に3枚以上ニュートラルカードがあることが条件ですが、《デモンストライク》内蔵の5コスト4/4守護は強いです。

効果的にアグロ系の打点稼ぎに使いたい感じがしますが、アグロデッキで5ターン目以降に手札にニュートラルカードを3枚以上確保することができるのかどうかがやってみないとわかりません。おそらくきついのではないかと思われます。

守護もついていて盤面にも干渉しやすいのでミッドレンジ~コントロールで使う方が使いやすそうですね。

ラプンツェル

現状、海外情報のみなので誤解釈の可能性あります。

3コスト2/5という破格スタッツをもっていますが、同時にデメリットもあります。自分の他のフォロワーが攻撃しないと、毎ターン開始時に攻撃不可状態になってしまいます。

突進や疾走多めのアグロデッキなんかと相性が良い感じがします。

体力5は相当高く、デメリットがあるので相手からすると、「次のターン攻撃できないかも」という思考で除去の優先度を落としてもらえるかもしれません。

シルバー(4枚)

  • 《鏡の世界》
  • 《歌劇姫・フェリア》
  • 《屈強な山岳隊長》
  • 未確認

鏡の世界

※https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

以前の記事(新パック情報来た!ワンダーランド・ドリームズ新カード「アリス」他3種を考察!)でこういうカードが来るんじゃないかな、というズバリのカードが発表されました。

注意しないといけないのは「コスト7以下」という部分ですね。これはおそらく《サハクィエル》との組み合わせで悪さするのを防ぐためだと思います。

効果についてですが、処理的にはドローが先なのでドローしたカードも含めてニュートラル化すると思います。

ワンダーランド・ドリームズはニュートラルシナジーがテーマになっているので、ニュートラルを絡めたデッキではほぼ採用されるカードになるかと思います。

歌劇姫・フェリア

2コスト2/2という標準的なカードで、進化時に場のニュートラルカードに+1/+1のバフをかける。

《不思議の探求者・アリス》のサブ的位置づけで採用できそうです。《歌劇姫・フェリア》自身が2コストと軽いので、1度に複数枚のカードを出してからバフをかけることも比較的簡単にできます。

場にフォロワーが並んでいるなら、6PP時に《不思議の探求者・アリス》→《歌劇姫・フェリア》進化とすると、盤面は+2/+2、手札は+1/+1というおかしなことになります。普通に使いやすそうですね。

屈強な山岳隊長

5コスト3/5突進でとても使いやすいです。しかも攻撃時に相手のフォロワーの攻撃力が5以上だと受けるダメージが0になる……

中盤の進化権を使った盤面の取り合いで非常に有利になりやすいカードですね。進化権を温存したいようなデッキで採用候補に入りそうです。

ブロンズ(5枚)

  • 《エンジェルナイト》
  • 《ダラダラ天使・エフェメラ》
  • 《卵の大爆発》
  • 《ゴブリンリーダー》
  • 未確認

エンジェルナイト

※https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

3ターン目に場にいるフォロワーを+1/+0できるのは、《風の軍神・グリームニル》を突破するのに便利です。

能力としては、合計3/2守護なのでまずまずですね。

ダラダラ天使・エフェメラ

※https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

強そうだけど4コスト消費してまで使いたいかと言われると微妙です。

4コストカードはやっぱり中盤の盤面の取り合いを頑張って欲しいのでそういう意味ではパワー不足感はあります。

とはいえ、このカードがいる状態で、《リノセウス》コンボとかやるとすごいことになりそうですね。

卵の大爆発

※https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

《アルケミックロア》が使われていない現状、使われることはないでしょう。

ただし、2Pickだと要注意カードとなります。ブロンズレアのニュートラルカードなので普通に見かけるようになるはずです。

ゴブリンリーダー

《アセンティックナイト》のみたいなカードです。除去されなければターン終了時にどんどん《ゴブリン》を場に出します。

シンプルに強いですね。

劣勢を覆すカードではないので、万能というわけではありませんがニュートラルデッキならすんなり入りそうな気がします。

……とはいえ、《覇食帝・カイザ》の方が使いやすそうな感じはします。

私的注目カードはこれ!

やっぱり《不思議の探求者・アリス》です。

性能もさることながら、見た目も好みで4コストという使いやすいコスト帯でもあるので是非使ってみたいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする