スポンサーリンク

ALTナーフ後環境デッキのBO3組み合わせごとの勝率を計算してみた。RAGE Springデッキ選択の参考検討

calc
Pocket

※https://rage-esports.jp/shadowverse/2019spring

BO3用のデッキ組み合わせを考える上で、あらゆるパターンの組み合わせを考えて、ランクマなりの勝率データ(シャドログなど)から、勝率高い組み合わせをもとめられるんじゃないか?とずっと思っていました。

なので、今回やってみたいなと思います。

※昨日似たような記事をあげましたが、もとにしたデータがナーフ前を含んでいたので一旦削除しました。

考慮する組み合わせデッキ

全パターン考慮するのは不可能なので、考慮するデッキはある程度絞ろうと思います。

ということで、シャドログでの使用数を参考に、今回も独断と偏見で下記デッキを選出しました。(括弧内は本記事内での略称)

  1. マナリアウィッチ(マナリア)
  2. ミッドレンジロイヤル(ミッドロ)
  3. ミッドレンジネクロ(ミドネク)
  4. 秘術ウィッチ(秘術)
  5. サタンドラゴン(サタドラ)
  6. ランプドラゴン(ランプ)
  7. アーカスネクロ(アーカス)
  8. AFネメシス(AF)
  9. ミッドレンジエルフ(ミドエル)
  10. アグロエルフ(アグエル)
  11. 聖獅子ビショップ(聖獅子)

ちょうどゴリラエルフとか流行っていたのでその影響でミドエルの使用率が高いとかありますが、とりあえずこれで計算してみたいと思います。

・・・蝙蝠は、いいでしょう。。

この11つの中で考えられる組み合わせは、

  1. マナリア&ミッドロ
  2. マナリア&ミドネク
  3. マナリア&サタドラ
  4. マナリア&ランプ
  5. マナリア&アーカス
  6. マナリア&AF
  7. マナリア&ミドエル
  8. マナリア&アグエル
  9. マナリア&聖獅子
  10. ミッドロ&ミドネク
  11. ミッドロ&秘術
  12. ミッドロ&サタドラ
  13. ミッドロ&ランプ
  14. ミッドロ&アーカス
  15. ミッドロ&AF
  16. ミッドロ&ミドエル
  17. ミッドロ&アグエル
  18. ミッドロ&聖獅子
  19. ミドネク&秘術
  20. ミドネク&サタドラ
  21. ミドネク&ランプ
  22. ミドネク&AF
  23. ミドネク&ミドエル
  24. ミドネク&アグエル
  25. ミドネク&聖獅子
  26. 秘術&サタドラ
  27. 秘術&ランプ
  28. 秘術&アーカス
  29. 秘術&AF
  30. 秘術&ミドエル
  31. 秘術&アグエル
  32. 秘術&聖獅子
  33. サタドラ&アーカス
  34. サタドラ&AF
  35. サタドラ&ミドエル
  36. サタドラ&アグエル
  37. サタドラ&聖獅子
  38. ランプ&アーカス
  39. ランプ&AF
  40. ランプ&ミドエル
  41. ランプ&アグエル
  42. ランプ&聖獅子
  43. アーカス&AF
  44. アーカス&ミドエル
  45. アーカス&アグエル
  46. アーカス&聖獅子
  47. ミドエル&聖獅子
  48. アグエル&聖獅子

この48パターンになります。それぞれのデッキがそれぞれのデッキ組み合わせに対する勝率を計算します。

ちょっとかなり多いですが、このリストさえ作ってしまえば、このあとがんばるのはPCなのでさくっと計算してみたいと思います。

計算の前提条件

以下を前提としています。

  • 1/21-1/27のマスター帯ローテのシャドログ対戦結果を使用
  • BO3の出す順番などは全パターンを網羅した平均勝率で算出
  • 使用率による重み付けなし
  • 先攻後攻の区別なし

計算結果

計算結果はこちらになります。(ちょっとみにくいですが、クリックで大きな画像になります。)

ちょっとみにくいにで、最終平均勝率だけ抜き出してみます。

サタドラを含むものを黄色、その他で勝率が高いものを青色にしています。

考察

まず、前提として留意いただきたいのが、シャドログのデータをもとにしているという点です。

その性質上、勝手に勝敗を記録できたり、相手のデッキタイプが性格に判明する前に勝負が決まったり、そもそものサンプル数が少ない、などのいろんな要因がデータには含まれていることを頭に入れておく必要があります。

それを踏まえたうえで結果を見てみましょう。

まず、圧倒的な勝率を誇っているのがサタドラ&アーカスです。

シャドログ上では、今回抽出したデッキの中では2トップのサタドラとアーカスネクロなので、順当に高勝率となっています。

また、マナリア&(ネクロorサタン)も比較的高い勝率になっており、使用率もあいまってRageでよく見かける組み合わせになるかもしれません。

そして意外とダークホースになっているのがアグロエルフが絡んだネクロとの組み合わせです。想像以上に高い勝率を出しています。

おそらくネクロとアグロエルフが得意な相手が近くて、特定の相手(マナリア&AFなど)に高い勝率を出せているのが要因だと思います。

最後に、想像以上にAFネメが出てこないです。。シャドログ上では勝率が低いのでしょうがないですが、実際使っていると結構勝てるんですけどね。JCGでも結果出していますし。

今回は最終的な勝率を単純な平均として算出していますが、実際は使用率に重み付けが必要だと思います。つまり、使用率1位(仮に80%くらい)には勝てないがそれ以外勝てるというデッキ組み合わせだと、計算上高い勝率に見えますが、使用率的に対戦回数としては、苦手な相手が多くなるので実態としては勝率は落ちると思います。

なのでそのあたりの検討方法は別途必要となります。

特定の組み合わせに勝ちやすくしたい等あれば、例えば上の結果で、「マナリア&ミッドロに勝ちやすくしたいなー」と思ったら、縦書きになっているマナリア&ミッドロの列を見て、数字が高いところを探せばよいです。なので、秘術&アーカスかサタドラ&アーカスあたりが有利なのかな、と見れます。

さいごに

試行回数を稼げないのであればこういうデータに頼りたくなり、計算してみましたが、感覚と合っているようなあっていないような不思議な気分になりました。

きっと似たような検討をレーティングとかの結果データで行うと、今回と違う結果となるかもしれません。

ただ、環境ゲーって難しくて、レーティング環境とRAGE環境はまた違うと思うので、そこが難しいところですよね。。

未だにRAGEに持っていくデッキが決まらないです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする