スポンサーリンク

Rage Shadowverse 2018 Summer BOS東日本予選に持ち込んだデッキ選定理由と対戦結果と反省【ドラゴン、ウィッチ】

Pocket

先日行われたRage 2018 Summer BOS東日本予選に参加してきました。

結果としては、1勝2敗で惨敗のDAY1敗退という形になりました。今後の糧にするためにも記録を残したいと思います。

そこで、今回はデッキ選択に関して記述します。

持ち込んだデッキ=原初ジャバウォックドラゴン+ギガキマウィッチ

結論から言うと、原初ジャバウォックドラゴンとギガキマウィッチを持ち込みました。デッキの形はこんな感じです。

デッキの選定理由

過去のデッキ選定事前考察記事(Rage 2018summer BOS東予選に向けて、デッキ何を持ち込むかを検討)でも書きましたが、今回は後攻である程度まくれるデッキを持ち込むことがキーになると考えていました。

「後攻引いたから負けた」というのはあまりにも悔いが残ります。

そこで、ある程度後攻で捲くれるギミックが備わっているクラスとして、エルフ、ドラゴン、ウィッチからデッキを考えることにしました。

そして、意識した相手としては人形ネメシスです。このデッキは絶対多いと思っていました。

人形ネメシスを使うことに関してですが、実際自分が回しても強いなーと思っていましたが、現状Tier1ということもあり、ミラー戦は避けたかった(「《立ち上がりし鋼の戦士・シロウ》を相手の方が綺麗に出せたから負けた」、「後攻引いたから負けた」などを嫌った)のと、高コストが地味に多く、自分で回していたときに事故ることが多かったのでやめました。

ということで、エルフ、ドラゴン、ウィッチから考えていくわけですが、エルフが人形ネメシスに多く採用されている《外界からの侵略者・バジリス》に対して圧倒的に弱いこともあり外しました。

一方、ドラゴン、ウィッチであれば人形ネメシスに対してそれなりに戦えるということでこのクラスから考えていくことになります。

ウィッチの構築について

まず、ウィッチについては自分がグラマスに上がったとき(ナーフ後)にギガキマウィッチを使って上がったということ、調整するのに時間がないということから、早々に使用する意思を固めました。

ドラゴンの構築について

時間をかけて調整したのがドラゴンのほうで、いろいろ回してみてパワーあるなと感じたカードが《竜の峡谷》、《アジ・ダハーカ》(後攻まくるキーカードなので採用必然ですが)、人形ネメシスが除去しにくい《原初の竜使い》そして《灼脚の麗姫・アリーザ》でした。《灼脚の麗姫・アリーザ》は後攻時に先攻3ターン目の《静かなる炎将・マーズ》を取れたり、覚醒時には《操り人形》で取られないというメリットがとても優秀でした。

そして、ギミックとして強力だと感じたのが《ジャバウォック》でした。ワンチャンをつかむのに非常に優秀です。ただし、《ジャバウォック》から《ジャバウォック》が出てくるのはやっぱりきついと感じました。

以上の事前検討から、これらをうまく組み合わせることで試行錯誤して出来上がったのが、先ほどの画像の原初ジャバウォックの形となります。

2コストフォロワーに対して《ジャバウォック》をうつと3コストフォロワー以上が出てくるのですが、なるべく盤面に干渉できるように3コストを突進、守護持ちフォロワーとしています。唯一《純真の歌い手》がノイズで、《すり替わり》のことを考えても《天なる大河》の方がよかったかなと思っています。

試合結果

そんなこんなで臨んだ試合ですが、以下の結果になりました。

自分 相手
1戦目
○ギガキマウィッチ(先攻) vs アグロエルフ(後攻)
○原初ジャバドラゴン(先攻) vs アグロエルフ(後攻)
2戦目
×ギガキマウィッチ(先攻) vs 人形ネメシス(後攻)
×ギガキマウィッチ(先攻) vs ギガキマウィッチ(後攻)
3戦目
×ギガキマウィッチ(後攻) vs 天孤ビショップ(先攻)
×ギガキマウィッチ(後攻) vs 人形ネメシス(先攻)
4戦目(敗退確定ですが、最後に一回対戦しました)
×ギガキマウィッチ(後攻) vs ミッドレンジロイヤル(先攻)
○原初ジャバドラゴン(先攻) vs アグロエルフ(後攻)
×ギガキマウィッチ(後攻) vs アグロエルフ(先攻)

こんな感じでした。

後攻でなるべく勝てるようにする、といいつつ後攻はすべて負けました。あまつさえ、先攻でもとれなかったという始末……言い訳するなら先攻事故+後攻ぶん回りでしたが、負けは負けなので力が及んでいなかったです。

トータルで

  • ギガキマウィッチ→先攻1/3勝、後攻0/4勝
  • 原初ジャバドラゴン→先攻2/2勝、後攻0/0勝

となり、ギガキマウィッチの完成度の低さが露呈する結果となっていました。

デッキ選択の項目でも書きましたが、時間もないしグラマスにいけたからこれでいいだろう、のノリで持っていったのが運の尽きだったとおもいます。完全に調整不足でした。

反省と今後

デッキの方針は悪くなかったと思っていますが、明らかに調整不足・錬度不足が目立った結果となりました。

どうしても調整時間が足りておらず、どうすればよかったのかもわからないですが、そんなこんなで悔いが残ってしまっています。

今回はグラマスになるのにとても時間を費やしてしまっていたのも要因だと思います。グラマスになってからRage用デッキ調整をスタートしたので、実質1週間くらいしか調整期間がなかったです。

結論としては、とっとと環境初期にグラマスになっておけばいい、あるいは、ナーフが入るなどで環境が変わったならグラマスなることを断念して調整に専念する(あわよくば調整の中でグラマス到達する)、とかでもよかったのかなと思います。

次回は世界大会の切符をかけたRage最後の大会なので悔い無きよう臨みたいと思います。

おまけ

iTunesカードやGooglePlayカードなどがお得に売買できるサービスがあります。少しでもアプリ課金をお得にしたい方は覗いてみてください→ 日本最大電子ギフト券売買サイト「アマテン」
スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする