ゼルライブラ骨の貴公子ナーフ後についての考察


シャドウバース公式より下記カードの能力下方修正が発表されました。

《風読みの少年・ゼル》(2コスト2/2→4コスト3/4)

《ライトニングブラスト》(エンハンス効果削除)

《骨の貴公子》(3コスト→4コスト)

これらが現環境に与える影響について考察してみたいと思います。

ドラゴンは大幅減、残っても形を変えて

今のドラゴンを支えているカードは、たくさんありますが圧倒的フィニッシュ力を支えていたのは《風読みの少年・ゼル》でした。2コストという使い勝手の良さから、序盤は凌ぐためのカード、終盤は《サハクィエル》や《ウロボロス》と組み合わせてフィニッシュと非常に活躍の機会が多い優秀なカードでした。

これが4コストになったことで、上述した《サハクィエル》や《ウロボロス》と組み合わせて使うことが難しくなりました。一応《騎竜兵》を使えば従来通りですよ、と絶妙なコスト設定だなと感じてしまいます。

しかし、《騎竜兵》と組み合わせるにはそれなりの工夫(《ミニゴブリンメイジ》によるサーチなど)でカードを揃える必要があり、《騎竜兵》を使うという一手間が発生します。比較的PP10まで耐える勝負になるこれまでのランプドラゴンにそんな余裕があるかは疑問が残ります。

もちろん、ナーフ前環境でも《騎竜兵》型は存在していましたが、必ずしも《風読みの少年・ゼル》のコストを下げる必要もなく、下げなくても普通に使えるという安心感がありますが、ナーフ後は4コストになってしまうので、圧倒的に事故率が上がります。

以上のことから、おそらく《風読みの少年・ゼル》は使われることはなくなるのではないでしょうか。かつての《収穫祭》や《根源への回帰》を彷彿させられそうです。

《ライトニングブラスト》は、いいでしょう……単体消滅したいのであれば《オーディン》に完全に置き換わります。

弱体化はされますが、PPブースト戦術は安定しているので、相手のライフを詰める手段が変更されるだけという可能性も考えられます。《ダークドラグーン・フォルテ》等の疾走ベースですね。ただ、これだと除去に不安が残ります。

個人的に推しているのはディスカードドラゴンです。……ちょっとロマンすぎかな?

なにはともあれ、ドラゴンの使用率は減ると思います。

あまり変わらないと思うネクロマンサー

《骨の貴公子》が4コストになったところであまり使用感は変わらないように感じます。4ターン目に普通にプレイするだけでも十分です。

強いて言えば5ターン目以降に複数枚プレイするときにそれがやりにくくなることでしょうか。5ターン目に2コストフォロワーと一緒に出せなくなるのは地味にきつい気がしますが、そういう状況になってようやく他クラスに近づくレベルです。

今のよく使われているネクロマンサーを支えているのは、《魔将軍・ヘクター》と《シャドウリーパー》になります。

これらのカードとのシナジーが薄れるもののデッキパワーは依然強いと思います。

ビショップ使用率が大幅アップ?

ドラゴンが失墜し、ネクロマンサー一強となると消滅できるビショップが流行りそうです。相手のフォロワーを消滅させることができれば、墓場が少なくて《魔将軍・ヘクター》があまり有効に使えなかったり、破壊じゃなくなるので《シャドウリーパー》が育ちにくかったりと性質的な相性は悪くないです。

4ターン目の《骨の貴公子》に合わせて、返しに《鉄槌の僧侶》を打てるのはいいですね。

また、ビショップはこれまでドラゴンのせいで使いにくかったセラフビショップも選択肢になり、《ヘヴンリーイージス》に対抗した超越ウィッチが増えたとしても疾走ビショップという選択が取れます。

総じて環境に合わせてカスタマイズしやすくなりそうな気がします。

その他のデッキ

無難に超越ウィッチは使いやすくなると思います。《ライトニングブラスト》が実質無くなることでネフティスデッキやイージスビショップ、セラフビショップが数を増やすと思うので、それらに対抗できる超越ウィッチは使えそうです。《魔法剣》型であればかなりの速度でますしね。

ネクロドラゴンが減ればメイルストロームヴァンパイアが地味にパワーで押せそうです。最速で6ターン目に5/5が4,5体並ぶのを返せる状況はかなり限られます。この点ビショップは《テミスの審判》があるので、ここからもビショップの使いやすいが垣間見えますね。

地味にダークホースを期待しているのがロイヤルです。ドラゴンが数を減らしてネクロマンサーの展開力がやや弱まるのであれば、ロイヤルにもワンチャン出てきます。しかし、それならドロシーウィッチでいいのでは……せめて《不滅の聖剣・デュランダル》が本当に不滅なら……

さいごに

色々書きましたが、だいぶ色んなデッキが見られる環境になりそうな気がします。いまのところシャドウバースはナーフ調整は結果として成功している(と私は思っている、特にバハムート降臨環境終盤)ので、今回もいい感じに色々使えるようになるのではないかと感じています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告336
レクタングル大広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする